上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現在30歳で独身の男子です。

付き合いで1年前にN保険に加入し(掛け捨て)、月に1万1千円払っています。しかしながら、独身の身でこのまま保険を続けていくべきか迷っています。

正直なところ、現在、扶養家族がいるわけでもなく、私が死んだところで経済的に困る人間はいません。

入院費等には必要性は感じていますが、それならば格安の医療保険でも良いのではないかと思っています。

結婚して家族が出来ればいずれは生命保険は必要なものになるとは思うのですが現時点での必要性はそれほど感じていません。

と、いう方がみえました。みなさんは、どう思われました?

わたしの意見をいわせていただければ、独身のときから生命保険には加入しておくべきです。

何故か?独身のときに加入しておけば、結婚してから加入するより保険料が安いし、万一の時でも葬式代は出るし、入院費もでます。

それと、生命保険はいつでも入れるわけではなく、体が健康なときしか標準体ではいれません。
もし、大きい病気でもしたら、加入すらできなくなります。

しかし、上記の方の場合は、解約して保険会社を変え入いりなおされたほうがいいと思います。

なぜなら、これから結婚という人に掛け捨て保険を勧める会社はやめたほうがいいし、営業も変えたほうがいいと思います。

ずばりオススメは、独身男性の場合ご予算に合わせて 終身保険500万~1000万、医療保険 入院日額7000円~8000円終身タイプです。

で結婚されたら家計保障なり、定期保険で家族を守るため死亡保障の上乗せをしましょう。^^

(参 照)

↓ ↓ ↓ ↓
独身者向け生命保険

独身者生命保険


今の代理店と保険会社の関係は、非常にさめていると思う。

昔は、保険会社の社員と忘年会とかプライベートで飲みに言ったりとか、一緒に成長していこうという姿勢があった。が、今は全くない。

保険会社の一方的な施策のみで、上からの改革?を推し進めようとしている。

代理店契約委託解除権を振りかざしてやりたい放題。かと思うと、車のディーラーに対しては、平身低頭。まさに強いものには弱く、弱いものには強くのありさまだ。

こんな状況で保険の売り上げを積極的に上げようという代理店がいると思っているのだろうか?
疑心暗鬼の中ではなく、もっと前向きに仕事をしたいと思う。

皆、こんな仕事他に収入源があるならやめたい人ばっかりだ!

代理店手数料削るなら、社員の高給も下げろ!

と、今日はちょっと愚痴になってしまった。

車両保険金額の設定は、その車の仕様(グレ-ド)を確認して、
最大最小の保険金額の幅の中から実態に合わせて合理的に決められています。


車両保険は、損害の程度によって支払われる保険料が変わります。

たとえば車が大破した場合などは「全損」と認定されます。

しかし、「全損」とは一体どういうことをいうのでしょうか。
以下の3つが挙げられます。


1、物理(技術)的に修理が不可能な場合の「全損」(絶対全損)。
2、経済的に修理不能の状態、すなわち、修理はできるけれど修理費が
  その車の「時価」を超える場合を「全損」(経済全損、推定全損)。
3、自動車任意保険契約の車両保険金額に対して、経済的に修理不能の状態を「全損」としています。

車の修理ができる場合には、修理費がその車の損害ということになりますが、
修理費が「時価」を上回った場合には、高い修理費をかけなくても同じような車が
中古車市場にあり、代替が可能なので「全損」としてその「時価」が損害額となるわけです。


車の修理ができる場合には、修理費がその車の損害ということになりますが、
修理費が「時価」を上回った場合には、高い修理費をかけなくても同じような車が
中古車市場にあり、代替が可能なので「全損」としてその「時価」が損害額となるわけです。


自動車は一般にナンバ-がついた段階(初度登録)で、
いわゆる「ナンバ-落ち」といわれる価額の下落があり、
その後も年数を経るごとにその価額が下がっていきますが、
その時点の価額を「時価」といい、事故当時のその車と
同一の車種・年式・仕様、同程度の使用状態・走行距離などを勘案した中古車の
「市場販売価格」を「時価」としています。


おわかりいただけましたでしょうか?

しかしながら、「時価」と、「市場販売価格」を元に契約金額を設定すると
車両保険契約における保険金額は、必ずしも一致しないことがあります。

車両保険金額の設定は、各保険会社で採用している「自動車保険車両標準価格表」を使用し、
契約後1年間の保険金額を協定する方式ですが、
「自動車保険車両標準価格表
」に記載されている金額に幅があり、仕様(グレ-ド)が正しく把握されているか否かでさらに保険金額に差が生じることになるのです。

以下もご参照ください。


自動車保険見直しアドバイス


自動車任意保険









昨年の30日から今日まで休みで、幸い事故もなくのんびりできたお正月休みでした。

おかげで、アルコール付けの毎日を送っていたような気がする。

今年は昨年よりの不景気で大変厳しい年になると思うが、ピンチはチャンスの諺どうり収入面でいけば、大幅増収を見込んでいる。

とにかくこのままでは、おわれまへんで!

その方法については、後々ゆっくりと・・・・・。

私もそろそろ若いと言えない年になってきましたので、
自分は健康だと思ってはいても、アフラックのガン保険に加入することを決意しました。

又、健康でないと加入できないのも生命保険の特徴です。

私も最初からアフラックと決めていたのではなくて、
いろんな会社を比較してまわり、詳細が不明だと思ったところは調べたりして、アフラックのガン保険

に決定しました。

保険を決める際のポイントで、私がチェックしたのは、
保障期間、給付金の回数、保障されている病気の種類、
それから退院給付金や、通院給付金が出るかという点です。

ガンになってしまった場合、退院後の通院治療も長くなります。

ですから、その辺の保障内容も比較する時には必ずチェックするべきポイントです。

あと、比較の時に注意した点で細かいことを言えば、
健康保険が使えない治療の場合も保障されるかどうかです。

中には高度先進医療などの治療を受けた場合に給付金が受け取れる商品もあります。

まだまだ医療技術が進んだといっても、3人に1人がガンで死亡しているのが現状です。

自分はガンにならないと断言できる人は1人もいないはずです。

ましてガン
の治療は莫大なお金がかかります。

私は、金額や保証など、いろいろ比較して一番私に合っていると思ったのがアフラックでした。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。