上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう、1社専属では所属保険会社のいわれるままの方針、手数料体系でやっていくしか道はないと思います。

かといって、乗り合い代理店になろうと代申会社の所属保険会社に申請しても許可は余程の理由がないと認めてはもらえません。

では、どうすればいいのかという事だが、それは何社が乗りあっている大型代理店と合併することしかないとおもいます。

実際、そうゆう大型代理店と合併して今までと同じ仕事内容で手数料がグンと増えた中小代理店は結構いる。

今後、その流れは加速しそうな気がする。

何故、同じ仕事内容で手数料が増えるのか?

それは、何十億もの売上を持っている乗り合い代理店は、手数料ポイントも異様に高い。しかも、1年ごとに各保険会社と次年度の手数料ポイントの交渉を行っている。

交渉できるというのが、1社専属にはない強みだ。

 ただ問題なのは、1社専属代理店が大型乗り合い代理店と合併しようとすると、所属保険会社がいい顔をしないということだ。

何故か?

自社契約を他社に替えはしないか心配しているのだ。

だけど法律上は、そういった合併はまったく問題ない。

つづきは後日

保険に関してオススメサイト
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

生命保険見直しアドバイス

アフラック生命保険口コミ評判





Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。