上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事故処理

損保代理店にとって事故処理は、非常に大事な仕事だ。

保険は形のない商品だから事故が起きて初めて効力が発揮される。

だから、これをミスると次年度の契約は落ちる。

当然のことながら不良品だったと判断される。

特に、自動車事故の場合はスピードが要求される。

初動が大事だ。

これを波風立てずにお客さんの不安を早く解消してあげる。

これができれば、お客さんに感謝され仕事の幅も広がる。

これからも、事故処理を最重要課題として取り込んでいこうと思う。安心をお届けするために・・・・・。


スポンサーサイト

迷い

最近、気持ちに迷いがあるせいかどうも本業のほうが疎かになっている気がする。

このまま生・損保代理店一本でいったらいいのか、ほかに何かやらなくていいのだろうか。

こう考えている間にも 何かしないと手数料は売り上げを伸ばさない限り確実に下がっていくだろう。

正直焦ってくるが、焦ってもしようがない。

本業第一に進め本業をやりながらできる副業を考えていこう。

晴れのち雨

今日は、天気は曇りと晴れだったが、気分的には晴れのち雨だった。

団体扱いのお客で他の会社で就職して落ちるだろうと思っていた客が、二件拾えて充実した日と思っていたが、夜、お客様でもある居酒屋に女房に送ってもらって飲みにいったことはよかったが、帰り迎えにきてもらって外で携帯電話を鳴らしたらしいが気づかずに出てった時には相当おかんむりで大変でした。

これじゃ何の為に飲みにきたのか分からない。

酔いがさめてしまった。

保険業界の今後

前にも述べましたが、損保代理店で生き残ろうと思いますと今の段階で一般収保5000万はないと生き残れないと思います。

それ以下の代理店は保険会社の意向に沿った代理店に合併されるか、大きな代理店の委任型使用人になるかです。

拒否しても売り上げに対する手数料ベースで削られますからならざるおえません。

大きな代理店の傘下に入ればその代理店の手数料率で計算されますから、傘下に入った方が得という事になります。

こうゆう筋書きが見えてきています。

保険会社の方からは一切そのようなことはいいません。

でも、やる時は一気に推し進めることは代理店は知っています。始まってからでは、遅いんです。

一匹狼代理店は苦悩してしております。

このまま会社を信じて、代理店として頑張っていこうか。

違う職業を考えた方がいいんじゃないか。とか・・・・・。でもほとんどの代理店は他の職業なんか今更できないし、悩んでいる。

とにかく行動

昨日は夜12月の満期案内を作成する予定だったが、女房の兄より電話があり、近くの中華料理屋で酒を飲んでしまい結局できず仕舞いだった。

今日午前中かけてやっと完成しポストへ投函することができた。

最近、暑さの為もあると思うがどうも行動が鈍く、ともかく毎日の予定をキチンと立て一つ一つ完成させていきたい。

ともかく 目標をもっていつまでに到達するという強い信念で毎日を送ろう。 (反省)
今日より始めたいと思います。

いや、それにしてもここ10年間の保険業界の変化たるや凄まじいものがある。一匹狼代理店で自分の食い扶持だけ稼げればいいと思っている代理店は 生き残れないかもしれない。

その件については、おいおいお話させていただきます。><;)

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。